Blog
記事・ブログ

Amazonの資金KPIが本当にすごい!

2021.03.04
Amazonの資金KPIが本当にすごい!

自社KPIだけではなく他社のKPIはどうなっているのか、という声に応えていきます。

今回は誰もが知る、AmazonのKPIについて触れてみたいと思います。

ここ数年でKPIの活用が一気に広がってきています。しかし、その多くが「売上」に関するKPIだけの活用になっています。
たとえば、

  • 新規契約数
  • リピート契約数
  • 顧客単価
  • 商談数
  • 成約率
  • 商談化率
  • リード数

といったKPIです。

こういった「売上」のKPI以外にも、「費用」のKPIと「資金」のKPIがあります。
今回はこのうちの「資金」のKPIについて取り上げてみたいと思います。

 

Amazonについて

Amazonは、2002年の営業黒字化以降も営業利益は低水準で推移している一方で、営業キャッシュ・フローは飛躍的に増加しています。

同社は、「当社の財務的な焦点は、フリー・キャッシュ・フローの長期的かつ持続可能な成長にある」と公言している通り、経営上、キャッシュ・フローを重要視しており、積極的な経営を支えているのがキャッシュ・フロー・マネジメントです。

 

資金KPI

ここで登場するのが資金のKPIです。
それは、「キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)」と呼ばれるもので、「会社が原材料や商品の仕入などへ現金を投入して在庫になり、それを販売してから最終的に現金化されるまでの日数」を示した指標です。このCCCは小さい方ほど資金効率は良いといえます。


たとえば、小売世界最大手のウォルマート・ストアーズの場合、CCCはプラス約12日です。現金を払って商品を仕入れてから販売して、その代金を回収するまでに約12日かかるということです。小売業界の一般的なCCCはプラス10~20日程度なので、ウォルマート・ストアーズのCCCが決して悪いわけではありません。

しかし、一般的には、現金を払って商品を仕入れてから売上代金を受け取るまでの運転資金は、銀行からの借入などでまかなう必要があり、プラス12日で回収できるといえども、売上高が大きくなればなるほど、1日に必要な運転資金も大きくなります。

つまり、売上高が年間5000億ドル規模のウォルマート・ストアーズであれば、その12日間は約164億ドルに相当し、その運転資金を自己資金又は借入金などで捻出しなければなりません。

Amazonが驚異的なのは、このCCCが平均しておおよそ「マイナス30日程度」であることです。計算上、商品の仕入れ代金を支払う約30日前には商品の代金をもらっているということです。

つまり、先ほどのウォルマート・ストアーズのケースとは逆で、売上高が大きくなればなるほど、手元に入る資金が多くなっていくことになり、まさに「打ち出の小槌」のようにキャッシュを生み出していくのです。その結果、営業利益は低水準であったとしても、多額の営業キャッシュ・フローを稼ぎ出すことができるのです。

これはビジネスモデルとしてはとてもとても秀逸です。
ウォルマート・ストアーズが、売上高が大きくなればなるほどPLは良くなるものの、運転資金がその分必要になってくるというビジネスモデルであるのに対して、Amazonは、売上高が大きくなればなるほどPLはもちろん、運転資金が不要どころか、逆に多額の資金を稼ぎ出すことができるというビジネスモデルになっています。

このように、売上拡大やCCCの徹底的な改善を通して稼ぎ出すキャッシュを活用し、かつ、デット・ファイナンスなどにより調達した資金を加えて、Amazonは新規事業やM&A、既存サービスの改善に向けて大規模な投資を実行し、どんどん事業規模を拡大できるのです。

 

今回は、資金のKPIについて書きましたが、いまやどんな業界においてもKPIの活用が常識化していっています。

これからのKPIマネジメントについては、「KPI資料」にまとめましたので、気になるものがあればぜひ参考にしてください。