Blog
記事・ブログ

SaaSの高成長が続くマネーフォワードのKPI

2021.03.04
SaaSの高成長が続くマネーフォワードのKPI

自社KPIだけではなく他社のKPIはどうなっているのか、という声に応えていきます。

今回は、先日、2020年11月期の通期決算を発表した株式会社マネーフォワードのKPIを解剖します!

 

決算情報

全社の2020年11月期の通期ハイライト

  • 売上高、営業利益、EBITDAのいずれも予想レンジ内で着地
  • 連結売上高は前年同期比+58%の113.2億円
  • 売上総利益は前年同期比+76%の76.2億円
  • EBITDAは△21.7億円。広告宣伝費除くEBITDAは12.0億円の黒字
  • グループ全体のSaaS ARRは82.5億円に到達
  • グループ全社の課金顧客数は42万を突破

同社は、

  1. クラウド会計ソフトなどを提供する「Business」ドメイン
  2. 個人向けサービスを提供する「Home」ドメイン
  3. 新たな金融サービスを創出するXドメイン
  4. 決済サービスやファクタリングサービスを提供するFinanceドメイン

といった4つの事業ドメインがありますが、売上高が前年同期比+75%の73.0億円と高成長が続く「Business」ドメインについて取り上げたいと思います。

Businessドメインの2020年11月期の第4四半期

4Q売上高は22.0億円と過去最高を記録し、前年同期比+78%と大きく成長

これは、『BOXIL』等を提供する スマートキャンプ社や『V-ONEクラウド』等 を提供するR&AC社をグループ会社化したことが大きいですが、それらの影響を除く法人向けのストック売上高も、前年同期比+41%と高成長を継続しています。

ARPA及び課金顧客数も着実に成長

ARPAは、法人 77,189円、個人事業主 11,821円で、個人事業主向けのARPAは前四半期比△1.4%と減少傾向にあるものの、法人向けのARPAが前四半期比 +2.9%と順調に増加し、全体としてのARPAは前四半期比+3.1%と順調に増加しています。

課金顧客数は、法人 69,713、個人事業主 72,501で、合計14万をを突破。

個別に見ても、法人の課金顧客数は前四半期比+6.4%、個人事業主の課金顧客数は前四半期比+4.0%と、両軸にともに順調に増加しています。

 

 

 

課金顧客の解約率は0.8%と更に改善

課金顧客ベースの解約率は0.8%で前四半期比0.3%の改善で過去最高の水準。MRRベースの解約率も△0.9%で前四半期比0.3%の改善と、着実に改善していっています。運用に乗ればほぼ解約にならないというのは本当に強いですね。

 

 

資料請求件数が2.7倍に増加

 

10月〜12月には大型マーケティングを展開。TVCMは、印象的な人形と明確なメッセージが特徴的で、その効果もあってオンラインでの資料請求件数が2.7倍に増加し、認知度向上と新規リードの獲得に大きく貢献しています。

以上、マネーフォワードのKPIについて見てきました。

実際はまだまだ詳細なKPIを日々追っていると思います。その点、いままではARPAと課金顧客数についてはここまで詳細には開示していませんでしたが、今回から開示されています。

今後、このようなKPIの詳細開示は上場企業全体に広がっていくと思いますし、そうなってほしいですね。

※各グラフは同社の決算説明資料から抜粋

 

今回は、SaaSビジネスにおける主要KPIについて触れてきましたが、SaaSビジネスに限らず、いまやKPIの活用が常識化していっています。
これからのKPIマネジメントについては「KPI資料」にまとめましたので、気になるものがあればぜひ参考にしてください。