Blog
記事・ブログ

勤怠管理SaaSを展開する「チームスピリット」のKPI

2021.03.03
勤怠管理SaaSを展開する「チームスピリット」のKPI

自社KPIだけではなく他社のKPIはどうなっているのか、という声に応えていきます。

今回は、株式会社チームスピリットのKPIを解剖します!

株式会社チームスピリットとは

TeamSpiritは、勤怠管理や工数管理、経費精算などをひとつのツールで管理できるクラウドサービスです。日々のワークフローが完結するため、業務の効率化と透明化を実現しやすくなります。1,400社、28万人以上の顧客に利用されています。

 

決算情報

勤怠管理SaaSを展開する「チームスピリット」が、
2021年8月期第1四半期決算を発表しました。

  1. 売上高は前年比21.4%増の6.7億円
  2. 営業利益は60.8%増の7,127万円

かなり成長しています。

KPI

では、主要KPIを順に見ていきます。

契約ライセンス数

・純増ライセンス数は12,259ライセンスで、約2,000ライセンスが第2四半期に期ずれしたものの概ね計画通りの進捗。

・大企業向けは前年同期比+43.5%と大きく伸びて、全ライセンスのうち大企業向けが占める割合は46.0%と前年同期比+6.4ポイント。一方、競争環境の厳しい中堅・中小企業向けの成長率は鈍化傾向。

リカーリングレベニュー (※1)

・リカーリングレベニューは前年同期比+26.2%の612百万円。
・売上高に占めるリカーリングレベニュー比率は91.2%と安定した事業基盤を保持。

※1 ある一定期間について繰り返し得られる経常収益のこと。初期費用やコンサルティング費用は含まれず、クラウドサービスなどの契約ベースのビジネスで用いられる指標。今回は年間ベース(Annual Recurring Revenue)のこと。単月ごとに見る指標はMonthly Recurring Revenueと呼ぶ。

ライセンスARRの推移

・ライセンスARRは前年同期比+22.6%の22.6億円に積み上がった。

解約率

・契約ライセンス数ベースのGross解約率(※2)は、0.03ポイント改善して0.64%と低水準を維持
・既存顧客からの追加契約も堅調に推移し、アップセルなどを加味したライセンスMRRベースのNet解約率(※3)は△0.59%で、ネガティブチャーン(※4)を継続

※2 解約やプランダウンにより失った金額をベースとした解約率。月初のMRR(Monthly Recurring Revenue:月次収益)でその月に失ったMRRを割って算出する。
※3 解約やプランダウンにより失った金額と、プランアップやクロスセルにより拡大した金額を合算し、それを月初のMRRで割った解約率のこと。
※4 Net解約率がマイナスとなった状態。つまり、解約による収益の減少をアップセルやクロスセル等による収益が上回っている状態。

 

契約社数・ARPA(※5)

・契約社数は1,428社。中堅・中小企業向けの新規導入ペースが鈍化傾向。
・ARPA(1社あたりのライセンスMRR)は、大企業向けの契約増加により131千円となって持続的に上昇。

※5 Average Revenue per Account の頭文字をとったもので、1アカウントあたりの平均売上を示す指標のこと。売上÷アカウント数で計算。似た指標として、1ユーザーあたりの平均売上を示すARPU(Average Revenue per User)がある。

 

 

以上、業績と主要KPIについてでした。

今回は、SaaSビジネスにおける主要KPIについて触れてきましたが、SaaSビジネスに限らず、いまやKPIの活用が常識化していっています。
これからのKPIマネジメントについては「KPI資料」にまとめましたので、気になるものがあればぜひ参考にしてください。