Feature

機能

Scale Cloudで変わる経営

Scale Cloudは、事業全体として優先すべきKPIが分からないという問題を、
必要な情報をリアルタイムに集めて、優先的に改善すべき課題を
ひと目でわかるようにすることで解決します。
Feature

機能

  1. 01BREAK

    ダッシュボード

      事業/部門/商品・サービスごとに、どのKPIのどの数値(計画/実績/見込など)かをプルダウンで選択するだけで、自由に誰でもかんたんにグラフ化できます。
      また、会社/組織/チームで共通認識を持つためのダッシュボードと、個人個人でカスタマイズして利用するダッシュボードの、2種類のダッシュボードをわけて管理できます。データ更新は自動的に行われるので、いつでもどこでも、スマホででも、リアルタイムに事業の状況がパッと見てつかめます。

    業績目標を達成できるプロセスを仕組み化
  2. 02BREAK

    レコメンド

      分析アルゴリズムをつかったデータサイエンスにより、KGI/KPIをプルダウンで選択するだけで、自動で統計的な分析が行われて、「そのKGI/KPIに対してどのKPIの影響度が高いのか」「そのKGI/KPIとの関係性が強いKPIは何なのか」がランキング形式で表示されるので、そのKGI/KPIを改善するために、優先的に取り組むKPIがどれで、どれくらい改善効果がありそうなのかが誰でもひと目でわかります。

    直観的な経営を論理的に支える両輪経営へ
  3. 03BREAK

    KPIツリー

      事業/部門/商品・サービスごとにビジネスモデル/事業構造が異なるので、それぞれのKPIツリーを設計できて一元管理できます。これにより事業構造がKPIツリーでフォーマット化できるので、「モニタリングすべきKPIはどれか」「各KPI同士の関係性はどうなっているのか」「KGIを達成するためにはどのKPIが重要なのか」といったことが一覧して見やすく可視化します。

    社員も経営に参画できる組織マネジメントへ
  4. 04BREAK

    データ統合

      売上/利益/キャッシュ・フローといった財務データと、各部署ごとにバラバラで管理しているKPIデータを、外部システムとのAPI連携やCSVインポートによって集約・統合します。財務データとKPIデータの関係性が可視化できるので、「利益を上げるための重要KPIがなにか」「いまどのKPIに問題があるのか」「他社と比べてどのKPIに競争優位性や課題があるのか」を、すぐに把握できてスピーディーに対応できます。

    経営視点を持った組織横断的人材の育成
  5. 05

    事業計画/予算管理

      KPIごとに計画をたてることで事業ごとにPL・やCFといった事業計画/予算が自動的につくれます。
      また、強気計画や弱気計画、社内向け計画と社外向け計画といった複数の計画がかんたんにつくれ、計画達成に必要なKPIごとの目標も可視化できます。
      さらに、「計画に対して進捗が遅れているKPIがどれか」「計画の達成/未達成の原因がどのKPIにあるのか」が一目瞭然にわかるので、管理部門に依存することなく、組織全体で一丸で予実管理ができます。

    社員も経営に参画できる組織マネジメントへ
  6. 06

    比較

      計画と実績、計画と見込、強気計画と標準計画、当期実績と前期実績、A事業とB事業、CサービスとDサービス、E店舗とF店舗、G支店とH支店など、各種データを自由に組み合わせて比較できます。
      比較する期間も、単月だけでなく自由に月数を選んで並べて推移で比較でき、四半期/半期/年次での比較もかんたんです。

    経営視点を持った組織横断的人材の育成
  7. 07

    アラート

      計画に対して達成率が悪いKPIについては、そのKPIの責任者に自動でアラート通知されます。
      その他、○ヶ月連続ダウントレンドのKPI、前年対比で大幅に悪化しているKPI、業界平均や他社と比べて課題となっているKPIや競合優位性があるKPIなどについても、自動でアラートされるようになります。

    社員も経営に参画できる組織マネジメントへ
  8. 08

    シナリオフォーキャスト

      いまの計画のままだと年度の着地見込がどうなるのかがボタン一つで予測できます。
      また、いままでの実績を踏まえて、「○○という施策によって△△のKPIがこれくらい改善されたらどうなるか」といったさまざまな改善シナリオごとに誰でもかんたんに今後の予測をすることができます。
      標準/強気/弱気、または社外向け/社外向けといった各種の修正計画も随時かんたんにつくれます。

    経営視点を持った組織横断的人材の育成
  9. 09

    ノウハウデータベース

      いままでやってきたことやその結果は重要なノウハウです。
      それらのノウハウはいつの間にか忘れ去られ、「そういえば、こんなことしたことなかったっけ?」「その結果ってどうだったっけ?」となりがちです。
      そこでそういった重要なノウハウをテキストでデータベース化しましょう。KPIごとにノウハウをデータベース化でき、検索していつでも過去のノウハウを引き出せます。

    社員も経営に参画できる組織マネジメントへ
  10. 10

    経営会議

      計画に対して達成率が悪いKPIや重要なKPIの数値を会議前に各責任者に自動通知するので、その責任者は会議前に原因分析を行い改善アクションを考えた上で会議に臨むことができるので、会議の無駄な時間を削減して、建設的な議論に時間を使えます。
      また、議論したことや次回の会議までにやるべきことを議事録として記録しておくことで、しっかりと過去を振り返りながら未来の議論をしやすくなります。

    経営視点を持った組織横断的人材の育成
Customer Success

カスタマーサクセス支援

01

導入支援プログラム

Scale Cloudのスムーズな導入と、導入効果を最大化するため、導入支援サービスをご用意しております。  導入時に、専属のカスタマーサクセス担当者とキックオフミーティングを実施。貴社の事業環境やビジネスモデル、導入目的などに基づいてカスタマイズしたオンボーディングプランをご提案させていただきます。

    ―導入支援プログラムの具体例
  • 永年のノウハウや多くの成功事例に基づいてお客様にベストなKPIツリーを設計します。
  • チームメンバーが組織的にKPIを活用してPDCAをまわすための実践型研修「Scale Model」を行います。
実践型研修プログラム
02

運用支援プログラム

Scale Cloud導入後の導入効果と効率を最大化するため、運用支援サービスをご用意しております。 導入後に、専属のカスタマーサクセス担当者とキックオフミーティングを実施。貴社の導入目的や組織構成、業績目標などに基づいてカスタマイズしたアシスタントプランをご提案させていただきます。

    ―導入支援サポートの具体例
  • お客様の状況に応じて柔軟かつスピーディーにKPIツリーのアップデートを行います。
  • 経営会議に同席して分析/予測とファシリテートをサポートします。
  • Scale Cloudにデータを自動連携できないデータの入力代行を行います。
マネジメントメソッド
03

ユーザーコミュニティ

ユーザー様同士の協業や交流を実現するため、定期的にScale Cloudユーザー会を開催しています。「Scale Cloudの活用」「KPIツリーの構築とアップデート」などテーマを設けた勉強会にもご参加いただけます。 他社様の取り組みやScale Cloud活用方法を知ることで、自社の事業運営にも活用いただけます。

Flow

導入フロー

  1. 相談

    相談・見積

    個別相談やデモを無料で行います。必要であれば見積書をご提出します。   

  2. 見積

    契約

    NDAを含む契約書を締結します。ここまで一切料金は発生しません。契約後の返金保証制度もあります。     

  3. 契約

    開始

    契約後即日でIDをPWを発行しますので、すぐにご利用いただけます。

  4. 開始

    サポート

    ご希望に応じて導入・運用・定着のサポートをさせていただきます。

FAQ

よくある質問

  1. 料金について教えて下さい。
    ご利用人数に応じた月額制となっています。
    具体的な料金については、お手数ですがこちらから資料ダウンロードしてご確認ください。返金保証制度もご用意しています。
  2. Scale Cloudはどのような環境で利用できますか?
    インターネット環境さえあれば、時間・場所問わずPCのブラウザ上でご利用いただけます。
    インストールなどは必要なく、ブラウザ画面上でログインしていただければご利用可能です。
  3. 導入時・導入後のサポート体制はありますか?
    カスタマーサクセス支援として、導入時に導入支援プログラム、運用時に運用支援プログラムをご用意していますので、お客様の状況に応じてカスタマイズしたサポートプランにより、効率的かつ効果的な導入・運用と定着までをサポートさせていただきます。
  4. トライアルはできますか?
    現在のところ、トライアルは承っていません。
    ただし、弊社担当者のデモを通してScale Cloudの詳細をご覧いただけます。
    デモをご希望の場合はこちらからリクエストしてください。
    デモ後にしつこく営業することはございませんのでご安心ください。
  5. どのような企業に向いていますか?
    組織規模が大きくなり複雑化している上場企業や大企業、上場を目指すスタートアップ企業、感覚的経営を脱却してロジカルに組織的に経営したい中堅企業や中小企業などに向いています。
  6. 従業員何名くらいの規模から利用できますか?
    従業員数10名以下の企業から4,000名を超える企業まで、規模の大小を問わず幅広くご活用いただいています。
  7. Scale Cloudについて詳しく知りたいのですがどうすればいいですか?
    弊社担当者が個別にデモを行いますので、そちらで詳細をご確認ください。
    デモは無料ですので、お気軽にこちらからリクエストしてください。
    デモ後にしつこく営業することはございませんのでご安心ください。
  8. 契約した場合の具体的な導入ステップについて教えてください。
    ご契約後、即日、IDとPWを発行しますのですぐにご利用可能です。
    それまでのスプレッドシートやExcelのデータは一括でScale Cloudにインポートできるので既存データからスムーズに引き継ぎできます。
  9. SFA・CRM・MAツール・会計ソフトなどの他の外部サービスとの連携について教えてください。
    現在、一部の外部サービスとの連携は可能です。
    今後も積極的に外部サービスとの連携を行っていく予定です。
    導入にあたって連携させたい外部サービスがある場合は弊社担当者にお申し付けください。
  10. 導入することで、現場に負担がかかるのではないでしょうか?
    スプレッドシートやExcelで管理していくよりも負担は軽減されることが大半です。
    また、導入時や運用時のご負担になるようなことがあれば、弊社の方でその部分を代行することも可能です。
  11. 他の類似ツールとの違いは何でしょうか?
    財務データとKPIデータを統合して一元管理できるのはScale Cloudだけです(特許出願済)。
    BIツールのように高度なスキルは不要ですので、組織/チーム全体でかんたんに活用できます。
    一般的な予算管理システムは会計データでの管理となっているので専門知識がなければ活用しきれず、また、KPIデータまで統合して管理できないので別途管理しないといけません。
  12. 東京・大阪の企業でなくても利用できますか?
    Scale Cloudはクラウド型システムなので、インターネット環境さえあればご利用できます。
    また、導入支援プログラムや運用支援プログラムは、オンラインででもご提供できますので全国対応可能です。