News

ニュース・お知らせ

経営判断に必要な情報を一元管理しデータドリブンな経営を実現する「Scale Cloud(スケールクラウド)」 ~感覚的判断から脱却しデータを根拠とするロジカルな意思決定へ~

2020.12.09
経営判断に必要な情報を一元管理しデータドリブンな経営を実現する「Scale Cloud(スケールクラウド)」 ~感覚的判断から脱却しデータを根拠とするロジカルな意思決定へ~

 感覚や、これまでの経験といった要素だけで経営判断をするのではなく、社内外において蓄積された膨大なデータに基づいて客観的に意思決定を行う「データドリブン経営」が注目されています。ビジネスを取り巻く環境の変化スピードが速くなっている中、「データドリブン経営」は、種々のデータから経営の現状を正確に把握、分析することで的確かつ迅速な経営判断と実行を可能にしていくために有効です。50%以上の日本企業がデータの利活用に取り組み始めているという調査結果もあり、客観的情報により経営に関する意思決定をしたいというニーズが高まってきていると言えます。しかしながら、利用可能なデータから何らかのビジネス成果を得ていると回答した企業は、全体の3分の1にとどまっており(出典:ガートナージャパン 2019年5月プレスリリース)思ったような成果が得られていないケースも多いのが現状です。

 

 思ったような成果を得られていない要因としては、分析するために必要なデータを全社的に収集・管理ができる体制が整っていない点や、全社的な共通認識がないために、集まったデータをそれぞれの部署が自分たちの領域での解釈しかできず、全社的に全体最適な経営判断ができなくなってしまっているということが挙げられます。

 

 そこで弊社が開発した「Scale Cloud」を、経営に必要な情報を自動的に集めて分析し、経営判断をするために必要な情報がいつでもわかりやすく経営者の手元に一元管理できる状態に、かつ経営側とビジネスサイド側が全社的に共通の認識をもって意思決定が行えるように最適化しました。

 

 多くの企業では、マーケティング部や営業部といった部署ごとに、異なるシステムや方法でデータ管理しています。さらにデータ管理のフォーマットも事業部ごとでバラバラになっているため、事業横断的に会社全体の状況を把握しづらくなり、感覚的な意思決定になりがちです。そこで、部署ごとでバラバラに管理しているKPIデータや財務データを、「Scale Cloud」に統一フォーマットで自動的に集約・統合します。「Scale Cloud」は売上や費用をKPIとロジックツリーで構造分解し、利益に至る業務プロセスをKPIで可視化してフォーマット化します。そのフォーマットに基づいてデータを集約・統合し分析することで、利益を上げるためにはどのKPIが重要なのか、いまどのKPIに問題があるのか、他社と比べてどのKPIに競争優位性があってどのKPIが課題なのかを、すぐに把握できてスピーディーに対応できます。BI(ビジネスインテリジェンス)ツールのように高度なスキルも不要ですし、 スプレッドシートのようにメンテナンスが煩雑になることもありません。

 

 「Scale Cloud」は、財務情報としての会計と、非財務情報としてのKPIを統合して一元管理できるクラウド型システムとなっているため、財務分析や簿記といった専門的な知識がなくとも直感的に理解ができ、経営側のみならずビジネスサイドにも一目で理解できるため、全社的な共通認識を持ったうえで、リアルタイムにデータ分析やアクションプランの検討が行えるようになります。

 

■クラウド型マネジメントシステム「Scale Cloud」とは

 「Scale Cloud」は、財務データとKPIデータを一元管理し、データドリブンな経営を実現する「日本初」のクラウド型システム(特許出願済)です。Excelなどではフォーム作成や入力、管理が難しくバラバラに散らばってしまいがちな財務データやKPIデータを統一のフォーマットによって統合、一元管理します。経営計画の作成、全社員への共有、進捗管理、問題点の抽出、計画修正のシミュレーションなどが容易に行えます。

 

1.ダッシュボード機能
重要なKPIや異常なKPIを自動判定して、ダッシュボード上にグラフ化して表示します。

 

2.KPIツリー機能
各部門で管理しているKPIを集めてロジックツリー構造で体系化し、部門横断的にKPI間の関係性を一覧して見やすく可視化します。

 

3.事業計画機能
KPIの計画を立てることでPLやCFが自動作成されます。また、事業全体の計画達成に必要な各KPIの目標値が可視化されます。

 

4.経営会議機能
異常なKPIを会議前に担当者に自動通知して事前準備を促し、KPIごとに原因・改善案などが議事録として保存され、いつでも参照できます。

 

5.比較機能
事業ごとや部門ごとの比較、計画と実績との比較が容易にでき、どこに問題があるのかをわかりやすくします。

 

6.シナリオフォーキャスト機能
複数のシナリオごとの計画、実績に応じた修正計画、改善策ごとの予測が容易につくれて比較できます。

 

【株式会社ビーワンカレッジとは】

 「経営を科学する」を Mission とし、その「論理」を追究し、業績目標を達成に導くことで、企業の成長を推進しています。データドリブンな経営を実現するクラウド型マネジメントシステム「Scale Cloud」及び、独自の経営マネジメント理論に基づく実践型研修プログラム「Scale Model」の複合的な提供により、企業の組織マネジメント力を強化し、業績目標の達成を支援しています。